このページの先頭へ

ワキガの手術をする前にノアンデを試してほしい理由とは?

 

冒頭

矢印

ノアンデの詳しい情報を見る ⇒

 

 

ワキガの悩みは、とてもデリケートで深刻。

 

「手術でしっかりと治したい!」と考えているかもしれませんね。

 

ですが、手術を考える前に、まずはノアンデを使ってみることをおすすめしたいと思います。

 

こちらでは、その理由についてお話していくことにしましょう。

 

 

ワキガの手術の種類は?

手術

 

実は、ワキガの手術にはいくつかの種類があります。

 

まずは、ワキガ手術のおもな種類についてチェックしていきましょう。

 

 

皮弁法・反転剪除法

 

皮弁法や反転剪除法では、ワキの下に数センチの切れ込みを入れ、医師が目視をしながらアポクリン腺を取り除きます。

 

しっかりと取り除くことができれば、ワキガへの効果は高いです。

 

また、この方法は、クリニックによって保険が適用されることがあります。

 

 

切除法

 

切除法では、ワキの下に15センチほどの切れ込みを入れ、周りの肉ごとアポクリン腺を取り除きます。

 

昔からの方法ですが、ダウンタイムが長いこともあり近年ではあまり行われていません。

 

また、この方法は皮弁法や反転剪除法と同様に、クリニックによっては保険が適用されます。

 

 

皮下組織掻爬法

 

皮下組織掻爬法では、皮弁法や反転剪除法と同様に、ワキの下に数センチの切れ込みを入れます。

 

そして、そこから器具を入れ、アポクリン腺を掻き出します。

 

目視で取り除くよりも取り残しの可能性が高いことが、デメリットとして挙げられます。

 

 

皮下組織吸引法

 

皮下組織吸引法では、ワキの下に数ミリの切れ込みを入れ、そこから細い器具を差し込みます。

 

この器具でアポクリン腺を吸引することによって、ワキガを治療するわけです。

 

こちらも皮下組織掻爬法と同様に目視できないので、取り残しの可能性が高くなります。

 

 

超音波治療法

手術

 

超音波治療法では、超音波の力でアポクリン腺を破壊します。

 

そのうえで、破壊した汗腺を器具を使って吸引します。

 

小さな傷口だけで済むため、ダウンタイムの時間は短めです。

 

 

PMR法

 

PMR法では、まず皮下組織掻爬法と同様にアポクリン腺を掻き出します。

 

そのあと、さらに細い器具を使用して、アポクリン腺を取り除きます。

 

2ステップでアポクリン腺を取り除くため、皮下組織掻爬法と比較すると取り残しの確率が低くなります。

 

 

ビューホット法

 

ビューホット法では、特殊な針を使い、高周波をアポクリン腺に照射します。

 

高周波がアポクリン腺に当たることで、汗腺を破壊していきます。

 

この方法は、ワキガ手術のなかでは、最新式の方法です。

 

 

 

以上、おもなワキガ手術の種類をチェックしてきました。

 

もちろん、クリニックによってはこれ以外の方法を採用しているケースもあります。

 

 

ワキガ手術の危険性とは?

リスク

 

確かに、手術によるワキガの治療は効果的です。

 

しかし、手術には、危険性もあることを認識しておかなくてはなりません

 

1つは、再発することがあり得るということです。

 

2つ目は、ある程度のお金がかかってしまうこと点が挙げられます。

 

そして、3つ目は、手術が失敗して傷などの後遺症が残ってしまう可能性も否定できないことです。

 

このように考えると、ワキガの手術を行うには、それなりのリスクもあることを押さえておくべきでしょう。

 

 

だから手術の前にノアンデを試してほしい!

 

  • 今はまだ手術ができない…
  • 手術はこわい…

という方には、その前にデオドラントアイテムでニオイを対策することをおすすめします。

 

 

そのなかでも、おすすめしたいのが「ノアンデ」です。

 

ノアンデ

 

ノアンデは、

 

  • 有効成分がワキガの原因菌を除菌する
  •  

  • 汗の分泌を整えてくれる

 

と、ワキガの原因を根本から抑えるため、しっかりとニオイ対策ができます。

 

手術を検討する前に、まずはノアンデでニオイ対策を行ってみてはいかがでしょうか?

矢印

ノアンデの詳しい情報を見る ⇒