業者を使わないでクレジットカード現金化をする方法3選

業者を使わないでクレジットカード現金化をする方法3選

現金化業者を使わずに自分でクレジットカード現金化をする方法を全部で3つご紹介します。

換金率、スピード、安全性などそれぞれの利用ニーズに応じた方法をご紹介しますので、ご自身の需要に応じてどの方法を選ぶか決めるようにして下さい。

現金化業者を使わずにクレジットカード現金化をするメリットとは?

メリットとデメリットを比較する

現金化業者を使わずに、自分でクレジットカード現金化をすれば様々なメリットがあります。

例えば次のようなメリットです。

①換金率が高くなる

現金化業者を使わなければ、業者に支払う手数料がかからないため、その分の手数料を自分に還元することができます。

現金化業者に支払う手数料の相場は20%前後ですので、単純計算で20%も換金率が高くなることになります。

換金率が高くなれば、その分自分が手にできる金額も大きくなるため、より多くのお金を手にすることができます。

②騙されないで済む

クレジットカード現金化を行う現金化業者の中には、利用者を騙そうとする悪徳業者が少なからず存在しています。

そのような詐欺業者を利用してしまうと、

・高い手数料を騙し取られる

・個人情報を騙し取られる

・クレジットカード情報を騙し取られ、悪用される

・入金をする約束だったのに、支払われない

といった詐欺被害に遭ってしまいます。

しかしながら現金化業者を使わなければ、そのような悪徳業者に騙される心配はありません。

悪徳業者に騙されることなく、安心してクレジットカード現金化をすることができます。

現金化業者を使わないでクレジットカード現金化をする方法を解説!

クレジットカード現金化を教える人

それでは現金化業者を使わずにクレジットカード現金化をする方法を全部で3つ、ご紹介します!

①商品を転売する方法

最もポピュラーなクレジットカード現金化の方法です。

自分のクレジットカードで換金率が高い商品を購入し、それをうまく転売することができれば、購入した商品を換金することができます。

この方法で最も重要な点は、転売に使う商品選びです。

換金率が高い商品を転売すれば、より多くのお金を手にすることができますが、需要が低い商品を選んでしまうと低い換金率となってしまい、多くのお金を手にすることはできません。

そのため自分で購入する商品としては、

・Amazonギフト券

・新幹線回数券

・ブランド品

・最新ゲーム機

などを利用することをオススメします。

また商品を転売する方法も重要で、

・フリマサイト・アプリを利用する

・金券ショップを利用する

・高価買取専門店を利用する

など、換金する商品に適した方法でクレジットカード現金化を行うようにしましょう。

ただフリマサイトには出品制限がある商品があったり、高価買取専門店でも新幹線回数券の換金はNGという場合がありますのでご注意ください。

商品を購入する際には、同時に転売する方法も考えておくことが重要です。

②商品返品によるクレジットカード現金化の方法

購入した商品を転売するのではなく、購入した商品を返品することでクレジットカードのショッピング枠現金化をするという方法もあります。

手順としては、以下の通りです。

①クレジットカードで商品を購入する
②購入した商品を返品する
③返品商品の返金代を受け取る

とても簡単な方法で、さらに100%の換金率でクレジットカード現金化をすることができます。

商品を返品するだけなので、余計な手間がかかららないというのも大きな利点です。

しかしながらこの方法には、2点ほど注意点があります。

1つは、全てのお店が返品・返金に対応しているわけではないということです。

返品対応不可というお店ではこのクレジットカード現金化の方法は使えません。

そのため商品の返品に対応しているかどうかは、事前にチェックしておく必要があるでしょう。

もう1つは、必ずしも現金で返金を受け取れるとは限らないという点です。

クレジットカード購入した商品の返品時には、クレジットカード決済処理を無効にすることで、返金扱いとするお店が増えつつあります。

クレジットカード決済処理を無効にされると、現金を手にすることはできません。

当然、クレジットカード現金化も敵わなくなってしまいます。

このような事態を避けるには、やはり前もって返金処理方法を確認することが重要です。

③飲み会を使ったクレジットカード現金化

確実かつ、安全にクレジットカード現金化ができる方法として、飲み会を使ったクレジットカード現金化という方法もあります。

手順としては、以下の通りです。

①飲み会を開催する
②会計時に、自分のクレジットカードで支払いをする
③会費として、参加者からお金を受け取る

簡単に言えば、支払いを代行することで(支払いは自分のクレジットカードで行う)ショッピング枠現金化をする方法です。

この方法であれば、100%の換金率でクレジットカード現金化ができます。

さらにはカード会社にクレジットカード現金化を疑われる心配がなく、安全に現金化を行うことが可能です。

カード会社が後日、利用明細を確認しても飲食店での利用履歴が残っているだけです。

カード現金化を立証することはできないため、強制退会やブラックリスト入りといった心配はありません。

安全にクレジットカード現金化を行いたい、という方にこの方法はオススメです。

またタイトルに飲み会、とつけましたが、この方法は飲み会だけでなく様々な方法で応用することができます。

例えば、何か買い物を頼まれてその支払いをクレジットカードで済ませ、後からお金を受け取れば、現金化をすることが可能です。

このように、日常生活の様々な場面でクレジットカード現金化をすることができますので、機会を逃さないように、仕組みを覚えておきましょう。

それぞれの方法のまとめ・比較

それでは最後に、今回ご紹介した3つの方法の換金率やスピード、利用ケースなどを比較したいと思います。

①商品転売②商品返品③支払い代行
換金率60%〜120%前後
(商品による)
100%100%
スピード即日可即日不可即日可
難易度簡単難しい簡単

ご覧の通り、商品返品の方法と支払い代行の方法であれば100%の換金率でクレジットカード現金化をすることができます。

一方で商品転売の方法ですと、購入した商品の換金と需要次第ですが販売手数料がかかってしまうため、他の方法に比べるとやや換金率は低くなってしまいます。

しかしながら超プレミアム商品や限定商品をうまく転売することができれば、100%を超える換金率でクレジットカード現金化をすることも不可能ではありません。

スピードを比較すると、商品返品方法の場合は即日現金化はできませんのでご注意下さい。

商品を購入した当日中に返品希望を行ってしまうと、店員の方に怪しまれてしまうので控えたほうがいいでしょう。

また難易度でも、やはり商品返品方法が最も高難易度です(返金対応しているお店を探すのが大変であるため)。

利用ケースとしては、

「確実に高課金率でクレジットカード現金化をしたい」

→商品返品・支払い代行の方法で現金化をする

「今すぐにクレジットカード現金化をしたい」

→商品転売の方法で現金化をする

「安全にカード会社にバレることなく、現金化をしたい」

→商品返品・支払い代行の方法で現金化をする

というような使い分けをするのがいいでしょう。

まとめ

一枚のクレジットカード

クレジットカード現金化は、現金化業者を使うだけでなく自分でも様々な方法で行うことができます。

今回は3つの方法をご紹介しましたが、最後に比較した通り、それぞれの方法で換金率やスピード、安全性などは異なります。

そのため現金化業者を使わない方法であれば、様々なニーズに応えることができるということができます。

換金率、安全性、スピード、確実性、それぞれの利用ニーズに応じて、どの方法でクレジットカード現金化を行うかどうかを決めるようにしてください。

安全に利用する方法カテゴリの最新記事